IP事業本部 第1コンサルティング事業部 第2特許戦略室

2015年入社

発明内容を深掘りし、特許性を見出す。
お客様に貢献することにやりがいを感じます。

YOHEI SUGASAWA

菅澤 洋平

INTERVIEW

プログラマー志望から自動車業界へ。

高専に入学後、最初はゲームプログラマーになりたいと思ってプログラミングを勉強していました。その考えが変わってきたのは、自動車の免許を取った時からです。自分で実際に運転し、クルマに乗る楽しみを知るうちに、自動車関係の仕事に就きたいと考えるようになりました。その後、就職先を探す中で興味を持った会社がTTDCです。
TTDCについて特に魅力を感じた点は、トヨタ自動車のものづくりを支える立場で仕事をしている専門性の高い会社だということです。それまでは特許について知識があったわけではありませんが、逆に未知の分野だったからこそ、惹かれた部分があります。入社後、研修などで特許のことを学んだ時も、法律の世界特有の考え方に触れて面白さを感じました。

アイデア相談で感じるやりがい。

私が現在携わっているのは、自動車メーカーなどで開発された技術を特許として権利化していく仕事です。「アイデア相談」という業務では、開発者の方から発明に関するアイデアを聞き、それが特許になるかどうかを判断していきます。この仕事を通してやりがいを感じるのは、開発者の方との議論を通して発明の内容を深掘りし、「特許性」を見出していくことです。そうした業務を経て無事に特許出願できた時は、自分の責任を果たせたことへの達成感があります。
このプロセスで大切なことの一つが、特許明細書に記載する「ストーリー」の組み立て方です。過去に特許出願されている技術にどんな課題があり、新たな発明によってそれをどう解決できるのか。そうしたストーリーの書き方を工夫すれば、一見権利化が難しそうなケースでも、特許性を主張できることがあります。その組み立てを開発者の方と一緒に考え、結果につなげていくことに面白さを感じています。

何でも質問しやすい雰囲気がある。

法律に関することや特許出願の流れなどを、開発者の方から質問されることがあります。そういう時に改めて調べてから報告するのではなく、その場ですぐ回答できるように、知識を深めていきたいと思います。自分の知識や経験を活かしてより多くのお客様に貢献していくことが、今後の目標です。
また、仕事のやりがいとともにアピールしたいのが、当社の働きやすさです。仕事をしている中で何か分からないことがあれば上司や先輩にすぐ質問でき、困ったことがある時はいつでも相談することができます。社内全体の雰囲気が良く、コミュニケーションが取りやすい会社です。また、制度面では、年に一度3連休を取得できる「3DV(スリーデイズバケーション)」という制度があるなど、休みの取りやすさも魅力です(土日と合わせれば5連休になります)。制度面でも風土の面でも、魅力のある会社です。

Leisure Time

同僚と一緒に楽しんでいるのが、ボルダリングです。
1年先輩の社員と1年後輩の社員と、3人で楽しんでいます。
可能な限り週1のペースで続けている、かなりストイックな趣味です。
他には、会社のチームでフットサルもやっています。
会社の寮で生活しているので、週末も会社の仲間と交流する機会が多く、充実したオフを過ごしています。

goTop